最近の記事

2008年01月29日

雑感「21世紀の黒船」

先週末の新聞に、韓国の総合商社サムスンが新潟のステンレス加工の会社を買収したという記事が出てました。

日本には、高い技術力を持ちながら、経営が悪化している中小企業が増えており、国内大手の傘下に入るか、外国企業への“身売り”(M&A)で生き残るしかないとのこと。

この“身売り”は1998年以降、毎年100件を超えており(5年前からは150件超)、去年はなんと308件!

もう、20年くらい前ですが、ある雑誌に「ひとつの国を支配するには、@通信A交通B金融の3つを抑えれば十分」で「今後、日本はアメリカに乗っ取られる」というような記事が出てました。

その後、@日本電信電話公社がNTTとなり、A国鉄がJRになり、B金融は自由化となり、銀行はどんどん再編されてます。

まさしく、アメリカのシナリオ通り・・・?!

MAID IN JAPAN は消えるのでしょうか?

不動産でも都心の一等地には、どんどん外資が入ってきてますどんっ(衝撃)

ハウスハウス神戸の取引でも、上海の買主さんがいましたし、大阪では売主さんが香港の企業という取引がありました。

ますますボーダレスしていくこれからの時代、日本だへったくれだとは言ってられないんですねぇ・・・。

でも、時代がどう変わろうと、会社・事業にとって変わってはいけないもの、それが「誠意」ではないでしょうか・・・。


(・・・決まった!わーい(嬉しい顔)・・・かな?)


posted by えいいちのとうちゃん at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | break time | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

新しい家探しのカタチ(後編)

いわゆる「新しいカタチ」は
「こちらのフトコロを痛めても、お客様に喜んでもらう」
ことですが、
「じゃあ、どっかで手を抜くんでしょ?」
とお思いでしょう・・・

そうです!抜きます!  

・・・がく〜(落胆した顔)              080125_1324~0002.jpg

もちろん、お客様に対してではありません。そんなことをしたら、必ず業法でひっかかるコトが出てきて罰せられますし、だいいち、お客様が離れて、事業が成り立たなくなります。

「抜く」のは「余分な肩のチカラ」「余分な労力」です。

だから、ハウスハウスは営業をしません

インターネットを利用したメンバー制のシステムですので、基本的なやり取りはメールのみです。
だからといって、登録が面倒な訳ではなく(メールアドレスを送信するだけ)毎日しつこいメールを何通も送ることもありません(そんなオタク業者ともちゃいます)。
問い合わせがあればそれに答えるだけです(それはすぐに!)。

「じゃあ、一度問い合わせてからがしつこいのでは?」

全然、ありません。
問合せに答える以外は、な〜んも、しませんわーい(嬉しい顔)

なぜなら、お客様主導だからです!

だから「新しいカタチ」なんですexclamation

「実は、このスタイルに慣れるまで、相当苦労しました。」
(談:この業界25年の松田氏)

そうなんです・・・ちょっと、この業界では考えられないスタイルなんですわーい(嬉しい顔)


「じゃあ、物件数が自社関連ばっかりで、すごく少ないんでしょ?」

ふふふ・・・このお答えは、お客様が登録してお確かめになってからのお楽しみとしましょうわーい(嬉しい顔)

           080125_1325~0002.jpg
             
  



posted by えいいちのとうちゃん at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しい家探しのカタチ(前編)

         080125_1324~0001.jpg

ハウスハウスのテーマは「新しい家探しのカタチ」。
なにが「新しい」のか・・・。

まずは、仲介手数料の割引(場合によっては無料!)。

これが実は大変なことなんです。
最近、よく駅前の不動産屋で見かける「仲介手数料無料」とは全然意味が違います。
こちらは、賃貸のワンルームやファミリーの住まい、あるいは事務所、店舗などを借りたとき、不動産屋に払う賃料一ヶ月相当分の仲介手数料のことです。
これら駅前の賃貸不動産屋さんは、この手数料を無料にしても全然フトコロは痛みません
なぜなら、お客さん(借主)からもらわなくても、貸し主さんからもらうからです

いまのご時世、賃貸市場は空き部屋が増えてきて、まったく借り手市場なんです。多くの貸主さんは、自分のフトコロを多少痛めても、空き部屋を減らした方が得、というのがホンネです。

賃貸不動産屋からすれば、貸主さんであろうが借主さんであろうが、手数料さえ入ればどちらでもいい訳で、要は、賃料の一ヶ月相当分を超えなければ、業法違反ではないのです。(実は、これを違反している業者は結構います・・・そのあたりはまた別の機会で)

                       080125_1325~0001.jpg

これに対し、売買の場合は違います。割引した分はそっくりそのままマイナスなんです。そう、業者(いわば、弊社)はその分、フトコロを痛めてるんですexclamation×2

なぜなら、売主さん側には別の業者が入っていますので、売主さんの手数料などもらえる余地はないのです。
よっぽど、仲のいい業者かひとのよい業者なら「ちょっとこっちにも分けて黒ハート」といえば、くれるかもしれませんが・・・まずありえません。

では、売主さんから直接ならどうなのか?
買う側のお客様は無料ですexclamation×2わーい(嬉しい顔)

フツーの業者なら「両方からもらえて、万々歳!!」ですが、
ハウスハウスは違うんです!

「なんで、わざわざ損なことするの?」そう思う方もいるでしょう。

だから、「新しいカタチ」なんですexclamation

<つづく>







posted by えいいちのとうちゃん at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

いよいよ始動!!

早いもので、今月もあと一週間で終わり。こんな調子なら、あっという間に、また正月の準備・・・?!

今日から、普段通う大阪の事務所を離れ、新しい事業を立ち上げるためしばらく神戸に通うことに。

JR神戸駅を出たら、海に向かって歩き、目指すは海岸沿いの倉庫の2階。
さすが、神戸!歩道は広くてきれい!(自動車3台はユウに通れる広さ! )
てくてく10分ほど行くと到着。う〜ん、まるで刑事もののドラマに出てきそうな雰囲気。


tatemono.jpg tatemono0.jpg

倉庫とあなどるなかれ、中はめっちゃオシャレ。それもそのはず、もともとは全部デザイン事務所。その一角を使ってます。

otonari2.jpg daidokoro1.jpg desk.jpg


実はこちらの事務所、金井代表が「不動産を買う方の手数料をなんとか安くしたい」ということで神戸で始めた事業ですが、この度ご縁がありまして、大阪方面を一緒に進めることになりました。
大阪版のホームページがいよいよ2月始めにアップ。
大事な立ち上がりなのでしばらく神戸にカンヅメです。

もともと金井代表は料理の板前さん。それも相当すご腕の。
自分が不動産を購入する時に業界とかかわったのをきっかけに、そのときに出てきた不動産業界に対する疑問や不満をもとに、「もっとお客様の立場にたった不動産屋が必要」と、この業界に転身されたような方です。
金井代表のすごいところは、またおりあるごとに紹介させていただくとして・・・まだまだ怖いイメージがあるこの業界で、本当にお客様が安心し喜んでいただくことを真剣に考え実行し、業界に革命を起こして行く!(かっこいい!)わーい(嬉しい顔)

そんな事業にしていきたいと考えております。





posted by えいいちのとうちゃん at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
33.bmp

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。