最近の記事

2008年06月08日

住宅ローンと火災保険

住宅ローンを組むときには、必ず加入する火災保険。

もちろん、「いざ」というときのための安心として必要なものですが、

保険商品がいろいろ複雑化している昨今、どのようなタイプに入ってるか
(または入るか)きちんと知っておく必要があります。

購入時には、不動産用語の勉強や住宅ローンの勉強、荷物の片付けに
役所や公共機関などの手続き・・・やることが多すぎて、なかなか火災保険まで
手が回らないとおもいますが、加入後も見直しがきくタイプもありますので、
落ち着いてからでも、検討されることをおすすめします。


大きな注意点としましては

 @ 頭金を建物に充当した場合
    建物が2000万円で頭金を500万円充当した場合
    たいてい、ローンの1500万円にしか保険をかけませんので
    火災が起きた場合、1500万円しか払われません。

 A 時価で加入している場合
    一般的には、ローンが減るスピードより、建物の価値が下がる
    スピードのほうが早いです。
    火災保険を時価で加入している場合には、ローンの残債金額と
    保険で補填される時価との差額が持ち出しになってしまいます。

 B 特約で「再調達価額」で加入する場合
    Aの対応として、時価ではなく、新築を建てる価格の保険金が出る
    「再調達価額」で加入するタイプがありますが、これにも2種類
    あります。
    「新価」・・・同じ場所に同じ用途の建物を建てないといけない
    「価格協定」・・・建物を建てなくても保険金が支払われる

 C その他
    火災や落雷に限定せず、漏水や盗難に対応した総合的な保険や
    補償範囲も「建物のみ」「建物+家財」「家財のみ」など様々です


保険というのは、「いざ」というときには有難いですが、「いざ」が
なければムダになるような気がして・・・難しいところです。

特に、最近は業界の不祥事も目立ちますし、商品が複雑すぎて、社員が商品の内容をわかってないんですから、困ったもんです

不動産業界と一緒で、まだまだ改善の余地あり!です。


   
 20080526184922601_0001.jpg  


単独で入れる地震保険が出たようです。

ご参考まで。







  にほんブログ村 地域生活ブログ 大阪情報へ

畏れ多くも、ブログランキングなるものに参加しました。
皆様の清きワンクリックを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます


m(_ _)m
posted by えいいちのとうちゃん at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 税金・保険など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
33.bmp

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。