最近の記事

2008年01月28日

新しい家探しのカタチ(後編)

いわゆる「新しいカタチ」は
「こちらのフトコロを痛めても、お客様に喜んでもらう」
ことですが、
「じゃあ、どっかで手を抜くんでしょ?」
とお思いでしょう・・・

そうです!抜きます!  

・・・がく〜(落胆した顔)              080125_1324~0002.jpg

もちろん、お客様に対してではありません。そんなことをしたら、必ず業法でひっかかるコトが出てきて罰せられますし、だいいち、お客様が離れて、事業が成り立たなくなります。

「抜く」のは「余分な肩のチカラ」「余分な労力」です。

だから、ハウスハウスは営業をしません

インターネットを利用したメンバー制のシステムですので、基本的なやり取りはメールのみです。
だからといって、登録が面倒な訳ではなく(メールアドレスを送信するだけ)毎日しつこいメールを何通も送ることもありません(そんなオタク業者ともちゃいます)。
問い合わせがあればそれに答えるだけです(それはすぐに!)。

「じゃあ、一度問い合わせてからがしつこいのでは?」

全然、ありません。
問合せに答える以外は、な〜んも、しませんわーい(嬉しい顔)

なぜなら、お客様主導だからです!

だから「新しいカタチ」なんですexclamation

「実は、このスタイルに慣れるまで、相当苦労しました。」
(談:この業界25年の松田氏)

そうなんです・・・ちょっと、この業界では考えられないスタイルなんですわーい(嬉しい顔)


「じゃあ、物件数が自社関連ばっかりで、すごく少ないんでしょ?」

ふふふ・・・このお答えは、お客様が登録してお確かめになってからのお楽しみとしましょうわーい(嬉しい顔)

           080125_1325~0002.jpg
             
  



posted by えいいちのとうちゃん at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/81088979

この記事へのトラックバック
33.bmp
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。