最近の記事

2008年04月26日

土地所有権の範囲・・・上下は無制限!?

つつじが咲きだしました。この時期が一番過ごしやすいです。 かわいい

たいてい、土地所有権の範囲といいいますと、横(隣)には大変気を
使いますが、縦(地上・地下)はあまり気にしないとおもいます。

この「縦の範囲」というのは、実は、理屈の上では制限がありません。

民法では、「土地の所有権は、法令の制限内において、その土地の上下に及ぶ」(第207条)となっています。

つまり、自分が所有する土地の上下は、地下深くからはるか上空まで、
全て自分の物と言う事になるわけです。

すごく、得した気分になります  るんるん

ただし、『法令の制限内』というわけです。

どんな制限かといいますと、「公共の利益」が優先される場合、

たとえば、地下鉄や地下ケーブルを通す場合、また、上空なら飛行機が飛ぶ場合など、個人の所有権が制限されるということです。

だから、「オレの所有権を侵すな!」と飛行機に石を投げても無駄です   がく〜(落胆した顔)
(そんなヤツはおりまへんが・・・)   

地下鉄の上に住んでいる人も、所有権を制限されているんです。

ということは、『法令の制限』がない土地でしたら、
上下の所有権は、やはり無制限ということになります。

地下を掘って、温泉が出れば更に儲けモンでは ・・・ ひらめき


よく出てくる話で隣の家の木が侵入してきた場合、

木の根っこは勝手に切っても良いが木の枝は勝手に切れません。

これも民法で定められています。なぜ、根はよくて枝はいけないか、
ちゃんと理由もあります。

ここから先は、こちらをどうぞ




  househouse osaka_01.jpg     househouse_ooska01.jpg   





にほんブログ村 地域生活ブログ 大阪情報へ

↑畏れ多くも、ブログランキングなるものに参加しました。
皆様の清きワンクリックを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


m(_ _)m


posted by えいいちのとうちゃん at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 法的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
33.bmp
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。