最近の記事

2008年04月24日

不動産仲介業者は大手ほど・・・


前回、仲介業者のレインズ登録義務について少し触れました。

一般の方が不動産の売買をしようとする際、まず、不動産屋に足を運び売買を依頼することになります。

特に、売る場合の依頼にあたりましては、まず業者と媒介の契約を結ぶことになりますが、媒介の方法に3種類あります。

 @専属専任媒介契約
 A専任媒介契約
 B一般媒介契約


ちなみに、業法では「仲介」のことを「媒介」といってますが、同じ意味です。
(@〜Bの語句の説明はこちらをどうぞ

平たくいいますと、上のほうが、お客様と仲介業者の結びつきが強い分、仲介業者の責任が重くなります。

特に@とAの場合、仲介業者は売却物件の情報を必ずレインズに登録する義務が宅建業法で定められています。(Bにつきましては努力義務)

ところが、現実にはこれがなかなか守られていません  ちっ(怒った顔)

欲張りな業者は、売るほうと買うほう、両方の仲介手数料をひとりでガメようとするからです。(ガメる、て方言?)

ちょっと知恵を使う業者ですと、登録はしても、一週間くらいで削除するのもおります。  

大手の仲介業者さんは、そんなこざかしいことはしませんが、問合せがあると、「売れました」とウソをつきます。
(もちろん、一部です)

びっくりするのは、初めに登録するときから、「商談中」とか「契約済み」と明記してきます。  がく〜(落胆した顔)  
(「依頼受けたばっかりやん!」)

『他に手数料を渡したくないので、業者からの問合せは受付けてません』と公言しているようなもんです。
(繰り返しますが、もちろん、一部です)

まったく、ひどい話です。

お客様の大事な資産をどのように考えているのか、
「ウチは大手だから」という傲慢極まりない心根が見えてしまいます。むかっ(怒り)

とにかく、透明にしたい !! 

とにかく、クリアーにしたい !!

ハウス×ハウスの切なる願いです

ハウス×ハウスなら、売却の手数料ももちろん安いです)




                 MA320066.jpg












にほんブログ村 地域生活ブログ 大阪情報へ
↑畏れ多くも、ブログランキングなるものに参加しました。
皆様の清きワンクリックを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


m(_ _)m

 
posted by えいいちのとうちゃん at 23:50| Comment(1) | TrackBack(1) | お客様からのご質問など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当にその通りです。

顧客第一主義なんて無視した企業が多すぎます。

そういう企業が淘汰されることを願っています。
Posted by takesita2008 at 2008年05月30日 18:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94612077
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

悪徳不動産:サクラ編
Excerpt: 悪徳不動産は、サクラを使うことがあります。 どんなときか? 売りの依頼を受けたときです。 以前、売却依頼の契約、媒介契約について...
Weblog: 不動産ここだけの話:業界の現状をまじめに書いていくブログ
Tracked: 2008-04-25 17:50
33.bmp
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。