最近の記事

2008年05月20日

マンションの「専有」と「共有」

先日の日曜日はほぼ丸一日、お客様と物件案内 かわいい

やっぱり、お客様と直接、お会いするというのは楽しいものです。 るんるん

ハウス×ハウスの営業スタイルは、一般の不動産会社と違いますので
ふだんの平日はあまり、お客様と接することが多くはありません。
(あっ、これは、立ち上げてまだ日が浅い大阪の場合です・・・忙しい神戸は別です。)

今回のご案内は、めずらしく全部マンション・・・戸建がありませんでした。

数ある業者の中から、ハウス×ハウスを選んでいただきありがとうございます。

一般的には、「大手が安心」というイメージがあるかとおもいますが、

そのあたりの良し悪しは、代表がブログで述べたばかりですから、こちらもご覧ください。

ひとつだけ言わせてもらいますなら、テレビCMによく出てくる不動産会社ほど信用しないほうがいい、「メディアを鵜呑みにしてはいけない」ということでしょうか。
(もちろん、一部です。)

やはり、会社の大小というより、会社のポリシーの徹底度と現場の担当者の資質が大事だとおもいます。

かくいう私などは、まだまだ修行中の身ではありますが。。。ふらふら


本題に戻しまして・・・

マンションの場合、戸建と大きく違うのは「専用」部分と「共用」部分があります。

マンションの一部屋を売買するとき、対象となるのが「専有」部分です。

室内のクロスは「専有」では「共有」になります。ややこしいです。

おもしろいのが、各戸についてるベランダは「共用」になります。
外壁と同じ扱いです。

だからといって、他の部屋の人も使っていい訳ではありません。

実際にはその部屋の人しか使いません。
ただ、その部屋の人も勝手に改造してはいけません。
使用法が定められています。

これを「共有の専有部分」といいます。   ひらめき

ためになりましたでしょうか・・・「余計、ややこしい!」
すいません・・・では、このへんで・・・「本題のほうが短いがな!」




                   

                       PA0_0026.JPG

  



  にほんブログ村 地域生活ブログ 大阪情報へ

畏れ多くも、ブログランキングなるものに参加しました。
皆様の清きワンクリックを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます


m(_ _)m



posted by えいいちのとうちゃん at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 法的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97421170
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
33.bmp
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。